banner

土地活用でフランチャイズ

土地活用を行ってフランチャイズを行う利点

不動産を所有している人の中で、遊休地を持っている場合など、その遊休地をそのままにしておくことで、無駄な税金を支払うことになります。
遊休地と言うのは、利用目的が無い土地のことで、いわゆる更地の状態になっている土地の事を意味しているのです。
遊休地は何かに利用することで、様々なメリットをもたらせてくれます。
土地を利用することを土地活用などと言いますが、土地活用には色々な手法があると言えます。

そこにアパートを建築して家賃収入を得ると言う活用方法もあれば、空き地を利用して駐車場を作り、月極めでの駐車場を作ると言う手法、そしてそこにお店を作り開業を行うと言う方法などが有ります。

お店を作る場合などでは、お店を経営するための知識や技量と言うものが必要になります。
個人経営でお店を開こうとすれば、1から10まですべての事を自らが行う必要が有ります。
お店を持った経験がある人であればまだしも、初心者の人では中々出来るものではありません。

フランチャイズと言うのは、本部となる加盟店に登録することで、その加盟店が持つ権利と言う物を利用してお店を作れるビジネスモデルになります。
フランチャイズは、初心者の人でも成功する可能性が高いと言われているものですが、フランチャイズは加盟店登録を行うことで、本部からの全面的なバックアップを受けることが可能になりますので、お店に必要なノウハウを伝授して貰うことが出来るのです。

さらに、土地活用をしてフランチャイズを行うのであれば、お店を開店する場所を賃貸で借りたり、土地を探して購入する必要が有りませんので、初期費用を大きく節約することも可能になるのです。
店舗となるものは、自らの資金で建築を行う必要が有りますが、賃貸であれば賃料が必要になりますし、土地を購入すれば、それのローンを支払うことになります。

Copyright(c) 2014 フランチャイズビジネスの魅力とは!?All Rights Reserved.