banner

最近の投稿

「フランチャイズ」と「代理店」

「フランチャイズ」と「代理店」の違い

一つのチェーン店がその事業規模を拡大させる手段として広く活用されているのが、フランチャイズ出店です。
この手法がどの点で特別なのかという点については、いくつかの点においてその特徴を挙げることができます。
しかし同一事業を拡大するという点では代理店という手法も古くからとられてきました。
フランチャイズと代理店を比較した場合には、以下のような違いがあります。
まず第一に、事業の目的そのものの差です。
フランチャイズが仕組みやノウハウをパッケージングした上で、販路拡大だけではなく、その事業の仕組みそのものを販売対象にすることで事業を拡大するのに対して、代理店の場合には主に販路拡大のみを目的として行われます。
また、第二として挙げられる事業のあり方も大きく異なります。
フランチャイズが「拡大する事業を専門とした店舗」であるのに対して、代理で行われる場合は「すでに主とする事業がある店舗・法人に拡大する事業を併せて担当してもらう」といった形になり、つまり、拡大する事業としての独立性の有無という点で大きな差が生じます。
第三に、オペレーションの手法という点でもその違いは挙げられるでしょう。
基本的にフランチャイズでは事前に本部が制作したマニュアルに従って業務を行うこととなり、このマニュアルに逸脱した行為は時として非常に強く批判されることがあります。
しかしながら既に事業を行っている先に事業の代理を任せる場合は、ほとんどの場合独自の営業政策や手段をとって営業を行うことが許されます。
これは第二で挙げた独立性の有無という点に強く関係しているといえるでしょう。
そして第四に、適する分野の違いです。
フランチャイズの場合は新たに出店をしてもらうわけですから、あらゆる業態において出店を行うことが可能です。
出店を担当する責任者を新たに準備する際にも、主婦や脱サラをした元・サラリーマンなどのような人に任せることが可能です。

Copyright(c) 2014 フランチャイズビジネスの魅力とは!?All Rights Reserved.